教育社会学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数134
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    S0106  教育社会学  第1設題(1)

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください」 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください」
     学歴社会の定義とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」とされている。現代の日本でもいまだ学歴を重視した傾向が残っており、以前の日本の学歴社会で見られた出身大学を指標として人物像よりも偉いと判断するということから、出身大学名で人を判断する傾向は減ってきているが、まだまだ学歴によって人を判断する傾向はなくなっていないのが現状である。
     学歴社会はどのようにして生まれたのか。明治維新が起こり明治時代が到来した頃、明治政府は各分野に特化した優れた人材を確保する必要があった。優れた人材を安定的に確保するためには、その人材を教育する機関が必要とされたため、学校という広い場所に子供を集め、その中で競わせ優秀な子供には高い社会的地位を割り振るようになった。それまでの身分社会では父親の仕事を子供は受け継ぐのは当たり前の時代であった。しかし、明治政府は、このような教育システムは新しい時代には適さないと判断し、学校という場において優秀な人材を獲得す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。