教育原論 第一設題(1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数158
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0101  教育原理  第1設題(1)

    「ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ」 評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ」
     子どもには生まれもって将来発展する能力が備わっており、この能力を助成し伸ばして行くものが教育であるとペスタロッチーは説いている。また、ペスタロッチーは子どもは生まれながらには野生の本能といえる直感で行動している部分が多く、このこの動物感を根本から根絶することが教育であるという古い教育観に対立した。
    つまり、真への意識、美の感情、全の力、これらは生まれもって子どもが有しているものであり、野生の動物が生まれたてにもかかわらず、立ち上がろうとする力を誰にも教わることなく実行できるそれのように、外部から内的本章に備わっていないものを注入して行くことは教育上ふさわしくないということである。この理論から子どもが産まれ持っている内面的な能力を伸ばしていくことが重要なのであり、この教育観は「有機的・発生的」とも呼ばれている。「有機的」それは、子どもの内的資質を重視することで、「発生的」は自発的な成長を促していることである。またペスタロッチーは「探求」というキーワードにおいて、人類の進化を3つに紐解いている。1、「自然状態」…無邪気さが現れ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。