国語科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数273
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境小学校子ども教師学校国語社会言語文化教育学

    代表キーワード

    国語

    資料紹介

    S0616  国語科教育法  第1設題(1)

    『「新たな時代を拓く国語化教育を具現化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことがらについて考察を図りなさい。』 評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「新たな時代を拓く国語化教育を具現化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことがらについて考察を図りなさい。』
    ★国語教育の意義
     国語教育とは、家庭生活や社会生活のあらゆる場において普段から通じるべきものであり、学校教育の場のみに限るものではない。なぜなら、国語教育は家庭や社会、学校で行われる母国語としての日本語教育を目指しているからである。小学校のすべての教師が子どもの家庭とうまく連携を保ちながら、言語活動の充実を図ること、それぞれの教科において、言語環境の整備を行い、言語に関する能力の育成を計ることが重要とされている。このことは新学習指導要領でも「各教科等の指導に当たっては(中略)、言語に関する能力の育成を図る上で必要な言語環境を整え、児童の言語活動を充実すること」とある。つまり、わが国の母国語である国語教育は、学校教育の国語の時間だけにとらわれることなく、日常の社会生活の中や、子どもの家庭において行われるべき教育である。
     上記のことが、国語教育の意義についてのテキストの問題を提起は、「クラスの担当教諭がそのまま授業を行う教諭になること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。