教育方法学 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数192
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0104  教育方法学  第2設題(1)

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はどのようにあるべきか』 評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はどのようにあるべきか』
    ★序論
     平成10年度の学習指導要領以降、「ゆとり教育」が一因とされる子どもの学力低下、学習意欲の低下が学校教育の現場で問題視されててきた。平成23年移行の学習指導要領では基礎基本の学力の習得という点に力を入れていることがわかる。基礎基本が重要視されるに至った経緯を論ずるのに「ゆとり教育」を外すことはできない。そこでまず、「ゆとり教育」からまとめたい。
    ★「ゆとり教育」とは
     「生きる力」をテーマに平成10年学習指導要領は改訂されている。「自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力」を目標に子どもの主体性を重んじ、経験主義的な教育方針となっている。これがいわゆる「ゆとり教育」である。情報化していく社会の中で、情報の変化による適応が社会においては必要とされきていることはいうまでもない。目まぐるしく成長し続ける社会に適応できる人間になるには、生涯..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。