教育方法学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数169
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0104  教育方法学  第1設題(1)

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ』評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ』
    ★序論
     一昔前の学校教育では、系統主義といわれる傾向のもと、知識詰め込み型の教師主体の一方通行の教育が行われてきた。その結果、子どもの中には、その知識の膨大さゆえに「おちこぼれ」や「校内・家庭内暴力」といった社会問題を引き起こすケースが発生した。これらの問題を解決する方策として、平成10年の学習指導要領改訂に伴い、」「自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力」いわゆる「生きる力」を重要視した学校教育に方向転換した。また、改訂と同時に、授業設計が見直され、子ども主体の学習方法に変化した。
    ★学習指導要領の変化のまとめ
     教師が授業を行う上で、大切なことがある。それは学習指導要領の遵守である。教師によっては経験年数、考え方などが違う中、全国一貫して統一された授業を展開していくことを目標に作成された言わばマニュアルである。そこで学習指導要領がどのように改訂され現在の編纂になってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。