教育方法学1(設題1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数332
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。
    教科書のどこを引用したのか詳しく記載してあるので、
    わかりやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」
     現在、教育を取り巻く環境はますます複雑になっている。コンピューターやインターネットなどの情報通信技術の普及により、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会が増え、今や教科書に書かれていることを教えれば十分であるという時代は過ぎ去ったとも言えよう。実際、地方によって学校の各階に大型テレビや、各学校に電子黒板を置くなど、従来の教育では全く予想もできなかった機能をもつ情報通信技術が導入されている。このような現状から、従来の教育システムの見直しが問われており、現代社会に柔軟に対応するための幅広い知識と教養に支えられた教育活動の展開が求められている。
     このレポートでは、従来の知識伝達を重視した授業と、主体的な学習を基本とする授業について、授業の設計、評価の観点からそれぞれの特徴を比較し、留意点について述べることにした。
     2002年度に実施された新教育課程では、次の4つの学力をバランスよく育てる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。