教育相談の研究(設題1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数119
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。
    教科書のどのページを引用したのか詳しく記載してあるので、
    わかりやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
     現在、いじめ、不登校、非行や学級崩壊など、様々な問題が学校内で起きている。また、インターネットや、あらゆる情報技術の普及により、学校内だけに留まらず、教師には把握するのが困難である、いやがらせや中傷等の問題が増加、深刻化している。その理由として、子どもの人格形成に最も重要とされる、家庭内での基本的な生活習慣のしつけや、教育力の低下が進んでいることが挙げられる。そのため、児童・生徒は学校内での組織の流れに乗ることができず、うまく対人関係を持つことができない。したがって、心理的に不安定な状況であることが多い。また、様々な問題に囲まれることで非常に辛い心理状態にあり、そこから抜け出せずに苦しんでいる子どもたちが多いのである。このような子どもたちを支援し、支えていくことが今の学校教育には期待されており、そのためには、より深く子どもたちの心を理解し、円滑に教育の枠にのれるように、適切な指導や支援を行ってく必要があると考えられている。そのため、学校におけるカウンセリングの必要性・重要性が注目されるようになった。1
     このレポ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。