教育心理学1(設題1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数134
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。
    教科書のどのページを引用したのか詳しく記載してあるので、
    わかりやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ。」
     児童、青年をより発達させるためには、かれらの成長や発達を理解することが必要であると考えた。ハヴィガーストの理論でもあったように、発達段階に合った課題を与えることによって、より高い水準へ発達する可能性があると考えられている。1 つまり、かれらの成長・発達を理解することによって、よりよい発達へ導けるのである。また、成長・発達を理解することから、個人差に応じて指導方法の工夫もできるのである。2
     このレポートでは、児童、青年の成長や発達を理解するため、児童期・青年期において、かれらの社会的認知はどのように拡がるのか、またかれらの自己意識などがどのように変化するのかを詳しく調べ、児童期・青年期にわけて述べることにした。
     まず児童期に大きく変化することといえば、学校生活が始まるということである。学校生活内での経験は発達の様々な側面に影響を与えるといわれている。例えば、教師によって組織された学習状況に適応するため、書き言葉の理解力や表現力を発達させなければいけない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。