Z1312 教科教育法英語1(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数232
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「非限定文句の用列を用いた分詞構文導入や綴字と発音の間の基本法則の指導法、第一次言語運用と第二次言語運用の指導法をまとめなさい。」
    このレポートでは、非限定文句の用列を用いた分詞構文の導入や、綴字と発音の間の基本法則の指導法について考えることにした。また、第一次言語運用と第二次言語運用の指導法についても詳しく調べることにした。
    限定文句と非限定文句の違いは、限定文句の文には続点や音調の変化もなく単調なのである。例えば、”All the teachers who gave their lives to help the children had successfully made brighter future.”である。非限定文句というのは続点で区切られている文が多く、音調の変化も用いられているのだ。例えば、”The teachers, who gave their lives to help the children, had successfully made brighter future.”である。1分詞構文とは、非定形文句の一種の分詞文句で、文の主語を先行詞とした非限定の入的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。