Z1312 教科教育法英語1(第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数154
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「音声学的教授法を唱えた学者を列挙し、箇条書きにま
    とめると共に、パーマー、クラッシェン、リトルウッドの教授法を論述しなさい。」
    古代から現代にいたるまでに、さまざまな言語の教授法をたくさんの学者が研究し、現代にもそれが受け継がれているのである。このレポートでは、音声学的教授法を唱えた学者を紹介し、彼らがどのような理論を持っているのかなどをまとめることにした。また、パーマー、クラッシェン、リトルウッドの教授法がどのように音声学的教授法の影響をうけたのかも詳しく調べることにした。
    音声学的教授法とは音声からはいる教授法である。この教授法を唱えた学者に、ウィルヘルム・フィーエトル、ポール・パシー、オットー・イィスペルセン、岡倉由三郎、ヘンリー・スィートなどが上げられているのだ。1
    ヴィルヘルム・フィーエトルは、口と耳から入る直接教授法を唱えたドイツの英語学者である。言語を教えるものは、音声を知るべきであり、外国語はその国の発音、連語、構文の模倣によるべきだと主張しているのだ。また、テキストの会話文からそれらを習得するべきだとも説いているのである。2
    ポール・パシーは、フィエートルの直接教授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。