P6303 英文法(第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数183
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文と
    を比較考察しなさい。」
     主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察するには、まず非限定関係詞文句と分詞構文を理解する必要がある。このレポートでは、両者がどういうものであるかを調べ、主語を先行詞にした非限定関係詞文句と分詞構文を比較考察することにした。
     非限定文句(Non-Defining Clause)は、関係代名詞who, whichや、関係副詞when, whereや、擬似関係代名詞asなどに導かれるものである。よって、非限定文句とは非限定関係詞文句(Non-Defining Relative Clause)のことなのである。一般的に非限定文句における区別は十分にされていないのが現状である。「限定文句には様々な種類があるが、非限定文句は一様である」という誤った情報が、日本の英語教育の中で用いられているのである。しかし、非限定関係詞文句は少なくとも次のような3つの種類に分けて考えるべきものなのである。1
     第一に、挿入句的非限定関係詞文句である。これは、先行詞の後に挿入され、その内容を描写する非限定関係詞文句であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。