P6103 英語学概論(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の標準的英語と標準的米語の相違を具体例を挙げ
    て論ぜよ。」
     英語は、今や世界の共通語として世界中の多くの地域で活用されているのである。日本語は日本で用いられている言語だが、広い地域で活用されているため、方言など、その地域独特の言葉が生まれているように、英語も広い地域で活用されているため、方言的な違いが世界中で生まれているのである。このレポートでは、その方言を生みだした元となっている、標準的米語(アメリカ英語)と標準的英語(イギリス英語)の違いについて詳しく調べてみることにした。
     アメリカ英語には、東部方言、南部方言、中西部方言の3つの方言がある。この中で標準米語とされているのは、中西部から西部までの広い地域で使用されている英語である。また、東部方面や南部方面の、アクセントを持たない発音も標準米語として用いられているのだ。これを一般アメリカ英語(General American; GA)と呼んでおり、標準的米語とされ世界中に用いられているのである。1
     イギリス英語には、地域的差異、階級、職業などの社会的差異が大きいため、使用されている英語は地域的方言があるものが多いのである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。