教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。

    近年、不登校・いじめによる自殺・非行などの行動が、学齢期にあたる子どもたちに増加しつつある。これらの問題に対して、教育的かかわりのみでなく、カウンセリング的かかわりの重要性がさけばれ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されてきた。本リポートにおいて学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について考察していく。

    学校カウンセリングには、教師が行う「教師カウンセリング」と、スクールカウンセラーが行う「スクールカウンセリング」がある。スクールカウンセラーという言葉は、平成七年度から始まった文部省の調査研究委託事業として始まった「学校臨床心理士」に対して使われている。し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    近年、不登校・いじめによる自殺・非行などの行動が、学齢期にあたる子どもたちに増加しつつある。これらの問題に対して、教育的かかわりのみでなく、カウンセリング的かかわりの重要性がさけばれ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されてきた。本リポートにおいて学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について考察していく。
    学校カウンセリングには、教師が行う「教師カウンセリング」と、スクールカウンセラーが行う「スクールカウンセリング」がある。スクールカウンセラーという言葉は、平成七年度から始まった文部省の調査研究委託事業として始まった「学校臨床心理士」に対して使われている。したがって、教師とはまったく異なった「臨床心理士」という専門の資格をもっており、この臨床心理士がスクールカウンセラーとして学校で行うカウンセリングを、スクールカウンセリングと呼んでいる。
    学校という教育を専門とする枠の中に、スクールカウンセラーを学校に置かなければならなくなった理由は数多くある。現在の学校現場の問題は複雑化しており、子どもたちをとりまく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。