宗教学レポート 日本人と宗教

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数5,934
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本人の宗教心
    はじめに
    自分の宗教は何か問われれば、たいていの日本人は「無宗教」と答える。「日本人は無神論者だ。宗教に関心がない。」という言葉が浮かぶ。しかし、はたして一般的な日本人が、「自分は無宗教」と答えるように、宗教とは無縁なのであろうか。宗教は私たちの生活に密接に関わりがありそうである。例えば家には神棚や仏壇があり、それを当然に拝む。正月には神社に初詣に行き、人が亡くなれば仏式に限らず葬送儀礼は必ず行われる。誕生に関しては、お宮参り、七五三等、宗教的な通過儀礼を行う。他にもキリスト教の祭典であるクリスマスがとり行われたり、結婚式を教会で挙げたりと日本人の宗教との関わりは様々である。以上のことから判断するに、少なくとも、信仰以外の面を考慮に入れるなら、日本人は必ずしも無宗教でないと言えよう。
    そもそも「無宗教」とは
    1、無宗教とは、特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想・立場であるというのが一般的な定義である。しかしその厳密な定義は曖昧で、特定の宗教又は宗教団体に参加していない、特定の信仰を持っていないといった単に信仰上の空白的状況を指すものから、信仰や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。