教育権‐旭川学力テスト判決を通じて‐

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数580
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法子ども教師社会文化学校政治法律国家

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    1.はじめに
    今回、「教育権」論をテーマに、旭川学力テスト判決を軸として考察を行った。「教育権」は後述するとおり、その定義は一義的ではなく、多くの概念を含んでいる。これまで多くの裁判の中でその「教育権」の考え方が争われてきたが、その中でも、教育権が国家権力に帰属すると解する「国家の教育権」と人民の基本権として人民に帰属すると解する「国民の教育権」という二つの考え方が対極に位置していた。その二つの考え方が本判決に至るまで、変容を遂げ、議論されてきたが、本判決により一応の決着がつけられた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育権‐旭川学力テスト判決を通じて‐
    1.はじめに
    今回、「教育権」論をテーマに、旭川学力テスト判決を軸として考察を行った。「教育権」は後述するとおり、その定義は一義的ではなく、多くの概念を含んでいる。これまで多くの裁判の中でその「教育権」の考え方が争われてきたが、その中でも、教育権が国家権力に帰属すると解する「国家の教育権」と人民の基本権として人民に帰属すると解する「国民の教育権」という二つの考え方が対極に位置していた。その二つの考え方が本判決に至るまで、変容を遂げ、議論されてきたが、本判決により一応の決着がつけられた。
    私はテーマを決める上で、現在最も旬な話題である、「竹島」の記述に関する教育指導要綱や、一昨年改正された教育基本法などのホットな話題を取り上げようかと考えたが、まず、過去の判例に立ち返り教育制度をより深く理解するために、一番講義で興味を持ち、憲法学的にも重要判例のひとつである、「旭川学力テスト判決」を考察し、教育権論の流れとそれに関わる憲法的な議論を整理したいと考えたため、本判決を考察するに至った。
    2.旭川学力テスト事件判決(最大判昭和51・5・21判時814号33..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。