ローマ帝国におけるキリスト教

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数775
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    キリスト教はもともとパレスティナ地方のユダヤ教内部の改革運動として始まった。初期のキリスト教の伝道者が対象としたユダヤ人は、パレスティナのユダヤ人、バビロン捕囚のユダヤ人、ローマ帝国の継承国家で貿易や殖民に携わったユダヤ人と、様々な文化に属し、決して一様な社会をなしていなかった。このようなディアスポラ社会で、大部分のユダヤ人は日常生活にも聖書にもギリシア語を使っており、ユダヤ人以外との接触はあったが、しかし、交わるものではなかった。ローマの覇権がギリシア・ローマ世界へと転換しはじめ、ローマ人とギリシア人の間に調和が生まれはじめると、ローマ人はもはやユダヤ人との連合を必要としなくなり、その結果、宗教や文化の相違という根本的な問題が浮上してきた。また、ローマ人はユダヤの地域にローマ人の総督をおく直接当時を行い始め、さらにユダヤ人に税を払うことを要求した命令は、猛烈な暴動を引き起こした。このときの勃発と鎮圧を両方とも目にしたと思われる人のひとりが、当時12,13歳の少年、ナザレのイエスである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ローマ帝国におけるキリスト教
    1.ローマ帝国におけるキリスト教
    <ユダヤ教のなかのキリスト教>
     キリスト教はもともとパレスティナ地方のユダヤ教内部の改革運動として始まった。初期のキリスト教の伝道者が対象としたユダヤ人は、パレスティナのユダヤ人、バビロン捕囚のユダヤ人、ローマ帝国の継承国家で貿易や殖民に携わったユダヤ人と、様々な文化に属し、決して一様な社会をなしていなかった。このようなディアスポラ社会で、大部分のユダヤ人は日常生活にも聖書にもギリシア語を使っており、ユダヤ人以外との接触はあったが、しかし、交わるものではなかった。ローマの覇権がギリシア・ローマ世界へと転換しはじめ、ローマ人とギリシア人の間に調和が生まれはじめると、ローマ人はもはやユダヤ人との連合を必要としなくなり、その結果、宗教や文化の相違という根本的な問題が浮上してきた。また、ローマ人はユダヤの地域にローマ人の総督をおく直接当時を行い始め、さらにユダヤ人に税を払うことを要求した命令は、猛烈な暴動を引き起こした。このときの勃発と鎮圧を両方とも目にしたと思われる人のひとりが、当時12,13歳の少年、ナザレのイエスである。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。