民法4(債権各論)-錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数577
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■ 問題 
    錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。

    1、和解とは、当事者間に存在する紛争を互いに譲歩することにより争いを解決する契約(695条)をいい、民法上の和解契約は、私人間の紛争解決のための法制度であるが、このような制度を認めたのは訴訟によって白黒の決着をつけるよりも、迅速かつ円満に解決する制度を認めておくことが望ましいと考えられたことによる。
    和解の成立要件は、①当事者間に紛争が存在すること(紛争性)、②一方だけが譲歩するのではなく、当事者双方が譲歩すること(互譲性)、③紛争をやめる行為が成立することが必要であり、示談金を提供する代わりに相手方に請求権を放棄させる示談契約も、互譲性があれば和解といえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題 
    錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。
    1、和解とは、当事者間に存在する紛争を互いに譲歩することにより争いを解決する契約(695条)をいい、民法上の和解契約は、私人間の紛争解決のための法制度であるが、このような制度を認めたのは訴訟によって白黒の決着をつけるよりも、迅速かつ円満に解決する制度を認めておくことが望ましいと考えられたことによる。
    和解の成立要件は、①当事者間に紛争が存在すること(紛争性)、②一方だけが譲歩するのではなく、当事者双方が譲歩すること(互譲性)、③紛争をやめる行為が成立することが必要であり、示談金を提供する代わりに相手方に請求権を放棄させる示談契約も、互譲性があれば和解といえる。
    和解が成立すると、当事者間の法律関係は和解で定められたところに従い確定する効力を持つ(民696条 確定効・権利創造的効力)。たとえ真実に反していても、当事者は和解の内容に拘束されることとなる。これは、和解の内容が真実の法律関係と異なることが判明しても、和解の効力は失われないことを示した規程であり、紛争のむし返しを防止する趣旨が含まれている。また、これについて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。