民法4(親族・相続)-わが国における児童虐待と親権制限制度について論じなさい。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数808
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■ 課題
    わが国における児童虐待と親権制限制度について論じなさい。

    1、親による必要以上の折檻や子供に対する暴力により、虐待を受けた児童が死に至る悲惨事件が続発し、近年、質量ともに増加・深刻化の一途をたどっている。このような事態に対し、平成12年に「児童虐待の防止等に関する法律」が議員立法により制定され、児童虐待防止に向けた体制が整備された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■ 課題
    わが国における児童虐待と親権制限制度について論じなさい。
    1、親による必要以上の折檻や子供に対する暴力により、虐待を受けた児童が死に至る悲惨事件が続発し、近年、質量ともに増加・深刻化の一途をたどっている。このような事態に対し、平成12年に「児童虐待の防止等に関する法律」が議員立法により制定され、児童虐待防止に向けた体制が整備された。
    平成16年には、児童虐待防止法が予防措置の観点で不十分であったことや、児童虐待防止法の成立後も、児童虐待件数が依然として減少しないことを受けて、同法の一部改正が行われた。改正では、児童虐待に係わる通告義務の拡大、立入検査等の際の警察署長に対する援助要請、被虐待児童に対する支援等の措置を通じて、児童虐待の防止対策の更なる強化が図られることとなった。
    しかし、平成18年度において児童相談所による児童虐待の相談対応件数が37,343件を数えて過去最高を記録し、また、平成16年の法改正後も児童の生命が脅かされる事件が後を絶たないなど、依然として児童虐待をめぐる状況は改善を見せていない。
    2、実際に児童虐待が発見された場合、法はまず児童福祉法によって、発見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。