行政法-行政活動に裁量が認められるとき、これが違法に行われなくするためには、どのような観点に注意しなければならないか。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数470
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■問題 行政活動に裁量が認められるとき、これが違法に行われなくするためには、どのような観点に注意しなければならないか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政活動に裁量が認められるとき、これが違法に行われなくするためには、どのような観点に注意しなければならないか。
    1,行政裁量の意義と分類
     行政行為は、法律に基づき、法律に従って行われるので、その要件・内容・発動の可否ができるだけ詳細かつ明確に法律によって規定されることが望ましい。しかし法律の定めの仕方は一様ではないし、複数化した行政国家の下では、行政の専門的判断に基づく柔軟な判断が必要な場合も少なくない。そこで、法律の定める要件の内容が一義的な場合もあれば、緩やかな場合もある。こうした観点から、行政行為は法が一義的に要件・内容について定め、行政庁の機械的執行として行われる行為と、行政庁の裁量が働く余地がある行為を分類し、前者を「羈束行為」、後者を「裁量行為」といい、「羈束行為」については、司法審査の余地があるとされている。
    2,裁量行為の諸形態
     行政権の行使に裁量性(裁量行為)が認められる場合であっても、この裁量の内容をさらに分析して、裁判所がどの程度まで行政庁の判断を審査できるかという観点から、「覊束(法規)裁量」と、「自由(目的・便宜)裁量」に分類される。
     「覊束裁量」は、何..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。