行政法-行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効力が認められるか。また行政行為に瑕疵があったときには、どのような効力が生じるか。実体法とも関連させて検討しなさい。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数531
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■問題 行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効力が認められるか。また行政行為に瑕疵があったときには、どのような効力が生じるか。実体法とも関連させて検討しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政行為とはどのような行為か。これにはどのような効力が認められるか。また行政行為に瑕疵があったときには、どのような効力が生じるか。実体法とも関連させて検討しなさい。
    1、行政行為という概念は、実体法上の概念ではなく理論上の概念であり、その定義は、「行政主体の優越した地位に基づき、法の下に規制を受けながら、公権力の行使として国民に対し具体的な法的規制を行う行為」という定義が最も一般的である。具体的には、①行政府の行為であること、②外部に対して行われる対外的行為であること、③法行為であること、④公権力の行使であること、⑤具体的な規律を加える行為であることなどがあげられ、私法上の法律行為(行政契約など)、立法行為、裁判行為などと異なった性質を有している。
    2、行政行為が一応の要件を満たして、行政行為としての外形をもつようになった場合には、その内容に応じた法的効果を生じさせるほかに次のような効力が生じる。
    (1)行政行為が違法であっても、権限ある行政庁または裁判所によって取り消されるまでは、何人ともその行政行為の効力を認証しなければならないとする「公定力」。公定力は、行政活動の停滞防止や信頼の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。