会社法-利益相反取引における取締役の責任(423条)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数689
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■ 問題
    取締役会設置会社であるA株式会社、代表取締役Bは、自ら100%の株式を保有し、代表取締役となっているC会社がD銀行より融資を受ける際、A会社を代表してC会社のD銀行に対する債務を保証した。
    (a)A会社がこの債務保証をなすに当たってA会社においていかなる手続きが必要か?(b)上記(a)の手続きが践まれていないとき、D銀行はA会社に対して保証債務の履行を求めることが出来るか?その際、D銀行がA会社において手続きが践まれていないことを知っていたかどうかによって結論が異なるか?
    (c)A会社が保証債務を履行したことによって受けた損害について、A会社の株主GはBに対して賠償を求めることが出来るか?できるとすればどのようにして責任追求をなすことができるか・このBの責任はA会社において必要な手続きが践まれたかどうかによって異なるか?
    (d)また、A会社のB以外の取締役E、Fについて、何らかの責任が発生するか?発生するとしたらいかなる場合か?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■ 問題
    取締役会設置会社であるA株式会社、代表取締役Bは、自ら100%の株式を保有し、代表取締役となっているC会社がD銀行より融資を受ける際、A会社を代表してC会社のD銀行に対する債務を保証した。
    (a)A会社がこの債務保証をなすに当たってA会社においていかなる手続きが必要か?(b)上記(a)の手続きが践まれていないとき、D銀行はA会社に対して保証債務の履行を求めることが出来るか?その際、D銀行がA会社において手続きが践まれていないことを知っていたかどうかによって結論が異なるか?
    (c)A会社が保証債務を履行したことによって受けた損害について、A会社の株主GはBに対して賠償を求めることが出来るか?できるとすればどのようにして責任追求をなすことができるか・このBの責任はA会社において必要な手続きが践まれたかどうかによって異なるか?
    (d)また、A会社のB以外の取締役E、Fについて、何らかの責任が発生するか?発生するとしたらいかなる場合か?
     本設問において、代表取締役Bは自ら保有するC会社の利益を図るために、D銀行に対しA株式会社の利益を害する危険性が大きい債務保証をおこなっている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。