地理学-BRICsの1つであるインドについて論ぜよ。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数171
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    BRICsの一つであるインドについて、①1991年以降の経済政策および経済成長の推移を述べよ。②IT産業にみるアメリカ合衆国との結びつきを説明せよ。(両国の時差についても言及すること)③現在のインドの社会経済が抱える問題点を述べよ。
    ■ はじめに
     BRICsの中で、インドに対する関心が中国を追うかたちで高まっている。国際協力銀行の調査によれば、今後の有望な事業展開先としてインドをあげる企業は、中国に次いで多く、かつその差は急速に縮小している。では、なぜ今インドへの関心が高まっているのか。
    1、経済成長とその要因
     その理由として、インドはやがて中国と伍する経済大国になるのではないかと期待させるほど、インドの経済状況が良好であることが指摘できる。インドの実質経済成長率は、1992年以降着実に高まっており、2005年度には8.4%の高成長となり、2008年度は、世界金融危機の影響により6.0%にとどまったが、印エコノミック・タイムズ紙によると、2010年の経済成長率は中国の7.7%を上回り、8%と予測している。このような経済成長の要因は、1991年以来の経済の安定化策と自由化策が功を奏し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。