刑事訴訟法-麻薬捜査官が大麻樹脂の買い手を装って、被告人に大麻樹脂を持参させ現行犯逮捕した捜査方法が、おとり捜査にあたるか否か。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数421
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     本設問は、麻薬捜査官Cが大麻樹脂の買い手を装って、被告人Aに大麻樹脂を持参させ現行犯逮捕した捜査方法が、おとり捜査にあたるか否かについて問題となる。
    1,
    (1)おとり捜査とは、「捜査機関又はその依頼を受けた捜査協力者が、その身分や意図を相手方に秘して犯罪を実行するように働き掛け、相手方がこれに応じて犯罪の実行に出たところで現行犯逮捕等により検挙するもの」(最一小決平成16年7月12日)としており、併せて「機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは、刑訴法197条1項に基づく任意捜査として容認されるものと解するべきである。」としている。
    (2)おとり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。