特殊講義-(女性と福祉)NPOについて論ぜよ。

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数325
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NPOは今日の社会において、需要があっても、政府や私企業が十分にカバーしきれない領域を補完するに重要な役割をもっている。また、独自の自治と、非営利活動に対する自発性を原理に活動しているため、物質的価値観を重視した現代の希薄なコミュニティーを活性化させる、いわば社会発展に大きく貢献しているともいえる。
    NPOの定義
    NPOとは、一般的に非営利な活動を行っている団体のことで、特定非営利活動促進法によりNPO法人の認定を受けると、法人格を取得できる。(NPO法人)
    営利法人と非営利法人には、大きく2の違いがあり、1,営利法人は営利を目的として設立され、出資者(株主)に対しの収益を還元するが、非営利法人は、収益があがったとしても、「非分配の原則」に則り、利益配当を行わない。2,営利法人は、営利目的の事業運営の為に設立されるが、非営利団体は、何らかの公益(非特定営利活動促進法で定める17分野)を実現するために設立される。要するにNPO法人は、社会貢献の為に作る法人である。
    NPOの役割
     このNPOを規律する、「特定非営利活動促進法」は、法案をとりまとめる立法過程に市民団体が大きな役割を果たした..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。