Z1104 教育社会学1 A判定 (佛教大学リポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数286
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    佛教大学教育方法学Z1104

    資料紹介

    A判定をいただきました。ぜひ参考にしてみて下さい(^^)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味している。日本での学歴社会のイメージというと、「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などという言葉と結びつき、その人間が内面的に持つ「本来の資質」を考慮せずに、「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として考えられることが多い。学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位、さらには文化的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会である。大学間格差が就職・昇進や結婚に影響したり、学歴による差別の存在など批判的な面が多い。
    しかしながら、もともと学歴社会の始まりは、明治時代がスタートし、維新政府が、各分野における優れた人材を求め、その質的、量的に安定した供給を保証してくれる機構を必要としたことが発端であった。欧米に追いつこう、追い越そうとしていた明治維新期に求められる、知識や技術が絶えず向上していく幅広い分野での相当数のリーダーを養成するには..

    コメント1件

    mint_candy 販売
    先生からのコメント:
    学歴社会とは何かについて、テキストに沿ってしっかりと定義されています。また、学歴社会の現状と問題点も明確に考察できています。
    2010/06/22 16:54 (6年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。