理科概論改

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数126
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    理科概論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物は環境の変化の中で常にその環境に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。』
    地球上において陸上、土壌中、そして水中等のいずれにも同種または異種の生物が多く集まって生きている。この生物と環境の関係は、非常に密接であるといえ、これら生物は生存する中で、周囲を取り巻いているいろいろな条件に影響を受けて生活している。しかし生物は一方的に環境からの影響を受けるだけではなく、同時に生物自体も周囲を取り巻くいろいろな環境に働きかけて作用する。
    生態系に存在している動物の個体群は、一個体群に他から移入がない場合は、一般的に個体群には変化はないが、自然界では死亡率も高く、「環境抵抗」によって繁殖は制限される。また、植物群落では同種植物だけで成り立つ場合もあるが、一般的には多種類の植物が占めている。このように、さまざまな個体群は同一の食物や生活空間を必要とする。
    ある地域の生物を見たとき、そこには動物、植物、菌類その他、様々な生物が生息している。これを生物群集というが、その種の組み合わせは、でたらめなものではなく、同じような環境ならば、ある程度共通な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。