生徒指導・進路指導の研究レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数116
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生徒指導・進路指導の研究

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。」
    今日の学校教育において、教師の仕事量における教育相談の割合が増している背景には、心に問題を抱える子どもが増えていることにあると私は考える。かつては教育相談というと、いわゆる不良やヤンキーによる暴力行為等の反社会的行動に対する生徒指導に代表される、つまり対処療法的立場からの取り締まり型の指導を指すものであった。それが近年、とりわけ90年代以降からいわゆる「問題行動」の質に変化が訪れ、いじめや学級崩壊、不登校といったものが代表的位置を占めるようになるとともに、教育相談の在り方にも変化が訪れる。これら問題行動の増加に対して生徒指導が正面から向き合うために、対症療法中心の取り組みから、「相談」と「支援」という視点からなされる「予防教育」中心の取り組みへと変わっていく。それは、子どもの心に何らかの変化が現れているからだと言われている。ありふれた言葉で言うならば、「心の闇」とでもいうものだろうか。本レポートでは、心に何らかの問題を抱える子どもが増える昨今の社会における教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。