社会科概論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会科概論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科の成立と今日までの変遷の概要を述べ、その変遷における著しい特徴について説明しなさい。
    *社会科の成立と今日までの変遷の概要
     わが国において社会科が発足したのは、第二次世界大戦後のことである。発足の背景として第一に挙げられるのが、GHQによる占領である。GHQ(連合国軍総司令部)は軍国主義、国家主義教育を否定し、教育の民主化を指令した。それにより、戦前の修身、日本史および地理は廃止されるとともに、GHQ内に設けられたCIE(民間情報教育局)の指導の下、公民科に地理や歴史を包含する性格をもつ「社会科」が当時の文部省によって新設される運びとなる。文部省によって昭和22年5月に学習指導要領社会科編Ⅰ(試案)が刊行され、同月の学校教育法施行規則の公布を経て、「社会科」が法制的に成立し、同年9月より授業が開始される。
    昭和26年、学習指導案が改正される。第一回目の改正においては、初版の学習指導要領の不十分な点の整備がなされた。「社会科」の成立に際しては、GHQによる占領支配を受けていた背景もあり、アメリカ合衆国の「社会科」の影響を大きく受けていたといえる。初版の学習指導要領においても、児童..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。