介護等体験研究完成[1]..

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数214
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■リポート設題
      第1設題 4枚(横書き)
    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。


    ■リポート学習の留意点
    教師を目ざす人たちにとって、一人ひとりを見つめる眼を持つことが大事である。相手の立場に立って、相手の尊厳を認めることが必要なのである。学校現場において一人ひとりの子どもの可能性を見ぬく力を養うことと共通していることに注目してほしい。


      第1設題の留意点
    教師の資質として必要なものは、相手の立場に立って考え、行動することが大切であることを考える。


    ■リポート添削・評価の基準および留意点
    ①リポートのテーマに関係した内容をテキストから選び、その内容をまとめる。次に図書館等でさまざまな書物を収集し、まとめた内容をより深く記述する。最後に文章が論理的に展開しているかどうかを推敲する。
    ②400字詰の所定の原稿用紙を使用する場合、4枚目の10行以上記載があること。これに達しない場合、リポートの内容にかかわらず不合格とする。ワープロ作成においてもこの基準を準用し、評価する(ワープロ作成の場合、一枚の用紙に400字以上記述しないこと)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。』
     平成10年から、義務教育に携わる教員が個人の尊厳および社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性に基づいて障害者、高齢者への介護、介助、交流等の体験を行うための「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律(介護等体験特例法)」が施行された。この内容は、特別支援学校(盲・聾・養護学校)において2日間、社会福祉施設等において5日間の介護等体験を義務づけたものである。これは、人間の生命を預かりその大切さを教える教師がまず、その生命の本質を体験し、社会的なつながりの意味を体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。