不整脈の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数20
閲覧数799
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医学医療看護学生

    代表キーワード

    不整脈の看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不整脈患者の看護
     不整脈とは、刺激伝導系が何らかの原因によって障害され、心筋が正常に興奮できない状態をいう。
    1.心房性期外収縮:PAC
     洞結節からの刺激より早期に出現した心房に起源する刺激によって、心房が興奮し収縮するものをいう。
    1)心電図の特徴
    ①P波は出現するが正常のP波に比べ形や大きさが異なる
    ②R‐R間隔は突然短縮する
    ③頻脈性
    ④QRSの幅は正常、心室内変行伝導を伴う場合、ワイドQRSになる時がある
    ⑤基本の洞調律より早期に出現する
    ⑥P波に続くQRS波は現れないときがある=blocked PAC(非伝導性心房性期外収縮)。関係は様々。
    2)看護
    ①blocked PAC(非伝導性心房性期外収縮)に注意する。PACとⅡ度房室ブロックとを見分けることが大切。
    ②Af、AFLなどに移行することがある。
    3)治療・処置
     ①自覚症状がなければ特に治療を要しない
    blocked PAC(非伝導性心房性期外収縮)とは・・・
    ➩基本調律に対して極めて早期に心房に異所性刺激興奮が生じた際、房室接合部が先行した心拍による絶対不応期にあたると電気的刺激はそこでブロックされ、それ以下は伝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。