脳梗塞 看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数559
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医学医療看護学生

    代表キーワード

    脳梗塞

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳梗塞 cerebral infarction
    1.概念
     脳の循環障害によって脳組織が不可逆的な虚血性壊死を生じた状態を脳梗塞という。
    2.危険因子
     高血圧、高脂血症、糖尿病、心疾患。特に心房細動は脳塞栓症を招く。
    3.原因
    1)脳塞栓症
    脳塞栓症は、脳血管以外(主に心臓内)の血栓が遊離して脳血管を閉塞して生ずる梗塞である。
    例えば、AFにより心原性脳梗塞を起こす。しばしば発症は急激で皮質枝動脈に好発するため広範囲な梗塞となる。
    2)脳血栓症
    脳血栓症は、脳動脈に血栓が形成されることによって脳血管の閉塞を生じ、脳梗塞となる。しばしばなんらかの予兆がある。TIAなど。
    アテローム血栓性梗塞は、脳主幹動脈の粥状硬化が原因となる脳梗塞。ラクナ梗塞は、脳深部の穿通枝の障害による(穿通枝系の血栓症)脳梗塞である。無症状のことがある。
    4.病態生理
      脳梗塞急性期には,脳血流自動調節能が障害され、病巣部に脳浮腫が生じる。これは,細胞膜のポンプ機能の消失に基づく細胞毒性浮腫と、血液脳関門の破綻による血管性浮腫とが混合した虚血性脳浮腫である。脳浮腫は発症後数日で最大となるが、著しい場合に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。