脳の解剖整理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数227
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医学医療看護学生

    代表キーワード

    脳の解剖整理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳の解剖整理
    1.中枢神経系・・・
    人のからだを構成する無数の細胞や組織が、人間として秩序ある生命活動を営むためには、これらの細胞や組織が連携してその機能を調整する必要がある。  脳神経系は、思考・記憶・運動・感覚等に関係する脳脊髄神経(動物神経系)と、主として内臓器官の調整に関する自律神経(植物神経系)とに大別される。脳脊髄神経はさらに中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系(脳神経・脊髄神経)から、また自律神経は相反する2つの神経、すなわち交感神経と副交感神経からなる。脳や脊髄には自律神経の中枢があり、それぞれ近くの末梢神経に自律神経線維を送っている。神経系は生命活動を行う為、全身くまなく網の目のように分布している。神経系は身体末梢からの刺激を受けとり、これに対する反応を末梢に伝える中枢神経系と、中枢神経系と身体末梢とを連絡し、神経刺激の伝達を司る末梢神経系とからなる。
    神経系 脳脊髄神経(動物神経系) 中枢神経系 脳 脊髄 末梢神経系 脳神経 脊髄神経 自律神経(植物神経系) 交感神経 副交感神経
    2.髄膜とは・・・  脳と脊髄は3層の結合組織性被膜、すなわち髄膜で包まれている。その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。