糖尿病 看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医学医療看護学生

    代表キーワード

    糖尿病

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ≪Ⅱ型糖尿病の病態生理≫
    ブドウ糖は筋肉・脳(中枢神経)等、生命活動への大切なエネルギー源で一定の状態に保てる事がベストです。これを調節してくれるホルモンがインスリンです。食事をすると膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が感知しインスリンが分泌され、ブドウ糖をグリコゲンとして貯蔵し、空腹時は蓄えていたものを放出します。 このようなインスリンの働きができないとブドウ糖をエネルギー源として細胞に取り込むことができず、血液中にとどまり高血糖になります。働きが悪くなる原因として、日本人は元来β細胞の強くない方がおります。加えて偏った食生活と運動不足です。 インスリンの分泌はきちんとあるのに糖尿病になる方がいます。肥満の方に多いのですが、脂肪がついて大きくなった細胞はインスリンの働きを阻害します。これをインスリン抵抗性といっています。運動不足も抵抗性を高めます。他に妊娠、ストレス、感染、加齢も誘因とされています。 血液中でだぶついた糖は血管壁を傷めたり血管の老化を早めます。小さく細い血管への障害として網膜症、腎症(慢性腎不全へ)神経障害(壊疽へ)。大きい血管への障害として、傷ついた血管壁からコレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。