腎不全の病態生理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数411
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腎不全の病態生理
    急性腎不全(ARF)
    概念
    急性に発症する腎機能障害であり、無尿・乏尿・クレアチニンの上昇などを呈するが、ほとんどの症例が適切な治療により腎機能の回復を見るので、慢性腎不全と異なり、可逆性である。
    急性腎不全は臨床病態および予後において慢性腎不全とはまったく異なる。
    分類
    ・腎前性腎不全
    ショックによる低血圧・腎動脈狭窄などの循環障害などに起因する。
    ・腎性腎不全
    ショックによる虚血や腎毒性物質によって腎機能が低下したことに起因する。
    ➩急性尿細管壊死 …尿細管が破壊され尿細管性タンパク尿を呈する。
    糸球体腎炎、急速進行性糸球体腎炎、
    溶血性尿毒症症候群 hemolytic uremic syndrome , HUS
    病理機序は血栓性血小板減少性紫斑病とほぼ同じであると考えられているが、特に腎障害 が強く急性 腎不全を来たす。 急速進行性糸球体腎炎症候群として半月体形成をみる。
    挫滅症候群 …筋から漏出したミオグロビンが尿細管を壊死させる。
    薬剤…アミノ配糖体系抗生物質などの薬剤は腎尿細管を傷害し、急性腎不全を招く。
    ・腎後性腎不全
    両側尿..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。