人工呼吸器看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数562
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医学医療看護学生

    代表キーワード

    人工呼吸器看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人工呼吸器
    1) 人工呼吸と自然呼吸の違いが本をみながら説明できる
    (1)自然呼吸
    ・ 呼吸中枢によって不随意的に横隔膜および肋間筋の胸郭運動で行なっている。
    ・ 吸気時には、呼吸筋の収縮により胸腔内に陰圧をつくり外気を吸い込む。
    呼気時には、肺・胸郭の弾力性により吸い込んだ外気を戻す作用で肺胞からガスを排出する。
    気道内圧はほぼ一定
    (2)人工呼吸
    ・ 機械的に陽圧をかけたガスを胸腔内に送りこむ。
    呼気時は、自然呼吸と同じ肺・胸郭の弾力性により吸い込んだ外気を排出する。
    気道内圧は吸気時に設定の圧まで上昇、呼気時に低下(PEEPの値まで)する。
    2)呼吸器の準備、必要物品が準備できる。
    ・ 人工呼吸器本体の電源コードを赤色コンセント(非常用電源コンセント)に接続する。
    ・ ホースアセブリは、それぞれ酸素・圧縮空気のアウトレットに差し込む。
    ・ 加湿用の滅菌蒸留水をセットし、加湿器加温チェンバーの自動自給チューブを伸ばし滅菌蒸留水に穿刺する(この時、ジャバラとジャバラを接続しているコネクターの一部は捨てない)
    ・ 電源を立ち上げるには、まずテスト肺を外してから実施する。
    ・ 違う患者に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。