消化器の解剖生理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数491
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消化器の解剖生理
                                      
    A 食道
      食道は咽頭の下方に続く約25㎝の管であり、その表面は重層扁平上皮でおおわれている。脊柱の前  
     で、気管と左心房の後ろを下行し、横隔膜を貫いて、まもなく胃の噴門に達する。途中は胸部大動脈
     の右側に並ぶが、胸腔下部でその前をこえ左に寄って、横隔膜の食道裂孔を通過する。  
    蠕動運動
    食道は食塊を胃へ送る管の役割を果たしている。食塊のすぐ下の部分の筋肉が弛緩し、すぐ上の部分の筋肉が収縮して食塊を下方に押し出す。この運動を蠕動運動といい、消化管の基本的な運動形式である。
    食道の壁は、上部は骨格筋組織と同じ横紋筋であるが、肛門側に向うに従って平滑筋もまざり、下部では平滑筋のみになる。また蠕動運動が行えるように、食道の筋層は、内側は輪状に、外側は縦に走る2層構造になっている(内輪外縦)。 
    自立神経による支配
    食道の筋肉には自律神経が分布し、その運動を支配している。副交感神経が興奮すると食道の蠕動運動は亢進し、交感神経が興奮すると抑制される。蠕動運動は不随意に起こるので、いったん飲み込まれた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。