心筋梗塞

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数177
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護資料

    代表キーワード

    看護心筋梗塞

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心筋梗塞
     心筋梗塞とは、冠動脈の閉塞によりその支配領域の心筋が虚血を起こし、壊死に陥った状態をいう。
    病態:心筋梗塞が起こると、梗塞による心筋細胞の壊死が起こり心筋収縮能の低下をきたし、心拍出量の低下、左室の拡張終期圧の上昇をきたす。左房から左室への血液流入が障害されると、肺うっ血・低酸素血症をきたし、さらに心筋収縮能を低下させる拡張期終期圧が上昇すると、冠灌流圧・冠血流量も低下し、心筋虚血をさらに助長して心筋収縮能をさらに低下させる。血圧が低下すると、反射的に末梢血管収縮がおこる。また心拍出量の低下で末梢血管の灌流量が低下し、末梢組織での代謝障害がおこりアシドーシスがおこる。末梢循環障害が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。