スワンガンツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,959
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療

    代表キーワード

    看護医療

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    カテーテルを挿入することにより,診断治療に有用な種々の血行動態指標を得ることができる.
    1)心内圧の測定(表1)
    ①右房圧(RightAtrialPressure)RA圧
    ②右室圧(RightVentricularPressure)RV圧
    ③肺動脈圧(Pulumonary ArteryPressure)PA圧
    ④肺動脈楔入圧(PulumonaryCapillaryWedgePressure)pCW圧
    2)心抽出量の測定(CardiacOutput)CO
    3)採血によるガス分析
    合併症
    1)不整脈:カテーテルの挿入中や,挿入後も挿入位置が浅く先端がRVに落ちた時,たわみが大きい時などの機械的刺激により,心室性期外収縮や心室頻才白が誘発されることがある
    2)感 染
    3)血栓性静脈炎:末梢静脈に長時間留置すると起こりやすい
    4)肺塞栓症:カテーテルの挿入が深すぎたり,長時間バルーンを膨らませている時に起こることがある
    看護
    1)モニターの観察
    ①正しい肺動脈圧波形がモニタリングされているか常にチェックし,継続して観察する
    ②カテーテルの機械的刺激により不整脈が出現しやすい(特に挿入時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。