図工科指導法第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数264
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    芸術

    代表キーワード

    図工科指導法芸術

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《伝統的工芸品》
     鎌倉彫(神奈川県鎌倉市)
    ○鎌倉彫が創り出された背景
     今から約800年前に源頼朝は鎌倉に幕府を開いた。そして、150年間鎌倉は日本の中心として栄えたが、その頃、中国から僧侶により禅宗が伝えられ、鎌倉には寺がいくつも建てられた。僧侶達は禅宗とともに中国から美術品も伝え、その中には彫漆と言い、漆を何百回も塗り重ねて作った器に文様を彫ったものがあった。あまりに美しかったため、仏像を作るために日本中から集まった仏師達は、これを真似して寺の道具や飾りなどを作った。これが鎌倉彫の始まりと言われている。
     木で器を作り、中国風の文様を彫って漆を塗って仕上げる鎌倉彫は、室町時代から江戸時代になると寺の道具だけでなく、茶道具、文具、食器などと広まり、文様も中国風のものだけではなく、日本風の花や動物なども彫られるようになった。
     しかし、明治時代になり、政府の神仏分離令により、仏像を作る仏師の仕事が殆ど無くなり、鎌倉に残った仏師は三橋と後藤という2家しかなくなったが、この人たちは仏像の代わりに鎌倉彫を作ることに仕事を切り替え、多くの鎌倉彫を作って日本だけではなく、パリ、ウィーン、アメ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。