理科指導法2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数123
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育学

    代表キーワード

    理科指導法教育学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    授業について・安全への配慮
    ①授業について
     学校で最も多く行われている活動は勿論「授業」である。子どもは、学習教材を介して、教師の助けを借りながら、学習内容を理解したり学習事項を習得したりする活動を授業の中で行う。授業が分かりにくければ、子どもの純粋な成長を阻害することになるし、授業が楽しくなければ、学校の半分はつまらないものになってしまう。それだけ子どもにとって重要な授業をよりよく進行するために、授業計画や学習指導案を作成することが必要となってくる。子どもたちの興味関心や心理をよく知り、学習のレディネスの実態をつかみ、それらを生かして段階的に順序良く指導計画が組み立てられると、授業の成立への基礎事項が整うからである。
     では具体的に学習計画や学習指導案を作成する上で必要な事項について考えていく。まず、一番初めに行うことは間違いなく、この授業で児童に何を学ばせたいのか、目標を設定することである。目標設定の際は、学習指導要領にある目標や、学校の教育課程、教科目標や学年目標を含み、且つ学習集団の特性や傾向を加味しながら設定することが求められる。目標やそれに準じた内容は子どもの立場で考え、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。