家庭科指導法第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数359
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    教育学

    代表キーワード

    家庭科指導法教育学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小学校学習指導要領家庭編、第1節の1では、家庭科という教科の目標を、『衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに、家庭生活を大切にする心情をはぐくみ、家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる』というように掲げている。ここにある「衣食住に関する実践的・体験的活動」とは具体的に、衣食住や家族の生活などの家庭生活に関する内容を主な学習対象として、製作、調理などの実習や観察、調査、実験などの実践的・体験的な活動を通して、実感を伴って理解することであり、また、「日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能」とは、中学校段階との系統性、一貫性を考慮した上で、日常生活に必要なもの、応用・発展できるもの、生活における工夫・創造につながるもので、児童一人ひとりのよさや、個性を生かしながら身に付けられるものを指す。さらに「家庭生活を大切にする心情」とは具体的に、家庭生活の基盤にある、家族などの〈人〉、衣服や食物などの〈もの〉、〈時間〉、〈金銭〉などの要素が関連し合って家庭との関係や生活行為などがあることに気づき、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。