(教科)体育 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数177
ダウンロード数3
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    児童教育学

    代表キーワード

    体育教育学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <発育・発達に則した体育授業の留意点>
     人間の身体についての学習の多くは体育授業が担っているとも言える。成長は特別な理由がない限り無意識に自然と発達を遂げるため、これから成長をしていく子どもたちに正しい知識を入れることは非常に重要なこととなる。また、体育だけに限らず、教育は子どもを導くために行われる意図的なものであるため、教師は教育の対象である学習者、すなわち「人間を知る」ことから教育が始まり、教える側も発育や発達を自分の知識として学習しておくことも大切である。
     子どもの発育・発達の知識を持っていると、子どもが現在どのような発育をしているのか理解でき、教育課程とも密接な関係を持つこととなる。発育・発達の授業はいつも通りクラス単位で行われることとなるが、基本的に発育・発達は個人差があることが当然であり、その個人差の中にも、どのように発育が進んでいくか、どの部分が発育していくか、どのような発育の条件があるかなど、細かく分岐している。今回は特に身体的な発育と精神的な発育に分けて体育授業において注意すべき事柄を述べていく。
    [身体的な発育]
    ・身長:身長は人種や社会、文化などにおいても基準..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。