「メディア社会を生きる」指導案2回目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数432
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    指導案メディア社会を生きる

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国 語 科 学 習 指 導 案
    教育実習生氏名
    担当指導教諭名
    1. 日 時 平成 年 月 日( ) 校時
    2. 学 級 第 学年 組 (計 人)
    3. 場 所 第 学年 組教室
    4. 単元名 2.社会をとらえる
    メディア社会を生きる
    5. 単元目標
    (関心・意欲・態度) (話す・聞く能力) (書く能力) (読む能力) (言語の知識理解・技能)
    自分の生活や体験と比較しながら文章を読み、メディアとの関わり方を自分の問題としてとらえさせる メディア社会での生き方について、自分の意見を持ち、それを言葉にして発表することができたり、他の人の意見を聞き、考えることができたりする 内容を理解した上で、本作品で感じたこと、考えたことを、文章に書き表すことができる 展開に沿って文章のまとまりをとらえ、それぞれの部分で説明されていることを的確に読み取らせる 文章中に使われている用語について、辞書を活用したり、文脈から類推して意味を把握させる
    6.単元について
    指導内容 ・筆者の説明や主張と自分の意見とを比較して読み、メディア社会の生き方について自分なりの意見をもたせる
    生徒の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。