2009教師論第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数211
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《21世紀の教師》
    21世紀における教師の役割という視点に立ってテキストの内容を要約し、さらにその内容について自分の意見を述べなさい。
     21世紀という新しい時代に入り、その時代に生きる教師たちは、新しい教育活動や教育方法を行っていかなければならない。特に21世紀は情報技術の進歩が目覚しく、インターネットという新しいメディアが出現した。教育現場にもコンピュータを利用した学習方法が展開され、教師の好むと好まざるとに関わらず情報技術の活用が必須となっている。更にインターネットを通して、世界中の人々とコミュニケーションが容易に取れるようになり、子どもにとって様々な可能性が開かれた世界となってきたが、その分情報の氾濫が進み、子どもたちの身を教師が守ってあげることも勿論だが、子ども自身が自分の身を守る、メディアリテラシーの教育も必要となってきている。最新の科学技術に対応した知識や情報を生徒に伝えていかなければならないのである。
     21世紀だからこそ必要な教育事項は日を追って増えている。特に今考えられる教育事項は以下の5項目である。
     1つ目は国際化である。日本のみならず、世界中が今国家、国境が関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。