道徳の指導法第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数287
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    道徳の指導法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《道徳教育の二重構造》
    (1)学校で学ぶ道徳教育は二重構造を成していて、一つは、学校生活全体を通して行う道徳教育、もう一つは、特設された「道徳の時間」で行われる道徳教育である。ここでは、両方の特質や関連性を説明していきたいと思う。
     まず、学校生活全体を通して行う道徳教育とは、そのまま、学校で行われている活動すべてを指し、例えば、各教科の学習、外国語活動、総合的な学習の時間や特別活動で、その他にも学校生活全般で営まれている活動すべて、家を出て学校に登校し、家に帰るまでのすべての時間が道徳活動である、というとらえ方である。特に、総合的な学習の時間や特別活動では、道徳的体験学習が学べる時間であるとも考えられ、主に座学での学習である各教科の授業と比べ、実際に児童・生徒が動いて体験できる場として非常に重要な学習活動を担っている。
     次に、特設された「道徳の時間」に行われる道徳教育であるが、これもその名の通り、時間割に組み込まれている「道徳の時間」に行われる学習活動である。道徳の時間に行われる学習はその時々に応じて授業の形態が異なり、テキストにある文章から道徳心を学ぶものもあるし、ビデオを見たり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。