755【初等算数科教育法】1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,569
ダウンロード数93
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    初等算数科教育法1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1.速さの概念を理解させるための算数活動として扱うよい指導法について述べよ。
    2.次の文章題の特徴について述べ、この解決案を示せ。
    「タンクに水を一杯入れるのに、Aの管だけでは24時間、Bの管だけで入れると12時間かかる。AとBの管を同時に使うと何時間かかるか」
    3.概数の指導で必要な値やけた数を示すには、どのように表現したらよいか。具体例「24726」を例に使って㋑「百の位までの概数」と㋺「上から2ケタまでの概数」を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    755【初等算数科教育法】1単位目 合格レポート
    1.速さの概念を理解させるための算数活動として扱うよい指導法について述べよ。
    2.次の文章題の特徴について述べ、この解決案を示せ。
    「タンクに水を一杯入れるのに、Aの管だけでは24時間、Bの管だけで入れると12時間かかる。AとBの管を同時に使うと何時間かかるか」
    3.概数の指導で必要な値やけた数を示すには、どのように表現したらよいか。具体例「24726」を例に使って㋑「百の位までの概数」と㋺「上から2ケタまでの概数」を述べよ。
    1. 速さは、距離や時間といった異種の2つの変量により表される量である。それを表すには、単位時間あたりに進む距離による方法と、単位距離を進むのに要する時間による方法の2通りが考えられる。この方法はどちらも使用されているが、単位距離を進むのに要する時間による方法は、時間が小さいほど大きくなり、数値の大小が、速い遅いとの見方と反対になってしまう。そのため、速さを表す時には、単位時間当たりに進む距離による方法がよく用いられている。
    指導法としては、AさんとBさんのどちらが速いか、という問題を、①2人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。