753【初等体育科教育法】1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数790
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    初等体育科教育法1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    小学校体育科における運動領域(ゲーム、体つくり運動、器械運動、陸上運動、水泳、ボール運動、表現運動)のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    753【初等体育科教育法】1単位目 合格レポート
    講評: 体育の各運動領域別学習内容とねらい及び指導時の留意点について、よくまとめられています。
    課題: 小学校体育科における運動領域(ゲーム、体つくり運動、器械運動、陸上運動、水泳、ボール運動、表現運動)のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。
    運動領域ごとに、①ねらい、②内容、③留意点についてまとめる。
    A ゲーム
    ① ボール運動系のうち、低・中学年を「ゲーム」としている。主として集団対集団で競い合い、仲間と力を合わせて競争することで楽しさや喜びを味わう運動である。
    ② 低学年はボールゲーム(ボール投げ・ボール蹴り)や鬼遊びを、中学年はゴール型、ネット型やベースボール型ゲームを学習する。
    ③ 公正に行動する態度、特に勝敗の結果をめぐって正しい態度や行動がとれるように留意する。
    B 体つくり運動
    ① 心と体の関係に気づき、体の調子を整えたり、仲間と交流したりすることなどの体をほぐしたり、体力を高めたりするために行われる運動である。
    ② 体ほぐし運動では、色々な手軽な運動や律動的な運動を行い、体を動かす楽しさや心地良さを味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。