752【初等図画工作科教育法】2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数656
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    初等図画工作科教育法2単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1. テキスト内の「図画工作科の内容と構成」(第2章 第2節)について、【共通事項】を中心に1,000字程度に大意要約せよ。
    2. テキスト内の「図画工作科の評価」(第4章)を読み、「5 評価の観点と評価規準の作成」の内の「(1) 評価の観点とその趣旨」の①~⑤までを800字程度に大意要約し、200字程度で教育評価の必要性についての私見を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    752【初等図画工作科教育法】2単位目 合格レポート
    講評: 相応の内容と評価します。図工においては、各人各様の感性を認め合うところから他者を理解し慮るということ、即ち寛容の精神を培いたいところです。
    1. テキスト内の「図画工作科の内容と構成」(第2章 第2節)について、【共通事項】を中心に1,000字程度に大意要約せよ。
    平成20年版小学校学習指導要領によると、図画工作科の領域内容は「A表現」と「B鑑賞」とに分けられる。「表現」は、材料やその形、色などに働きかけることから生まれる活動である「造形遊び」と、自分の表したいことを基に、これを実現していこうとする活動である「絵・立体・工作」の2つに分けられる。「鑑賞」は、子どもが自分の感覚や体験などにもとづいて、身の回りの造形品や美術作品を見たり、それを話題にして友達と話し合ったりして鑑賞の能力を高める活動である。なお「表現」と「鑑賞」は、学習指導要領では指導上の観点から分かれているが、実際の活動では両者は融合していて、互いに補い合う活動である。よって指導計画の作成に当たっての配慮事項として、「鑑賞」の指導について「表現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。