752【初等図画工作科教育法】1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数966
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    初等図画工作科教育法1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1. テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000字程度に大意要約せよ。
    2. テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1,000字程度に大意要約せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    752【初等図画工作科教育法】1単位目 合格レポート
    講評: 相応の内容と評価します。学校教育における芸術教科のあり方として、子ども達の根源的な生命力の発揮を促したいものです。
    1. テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000字程度に大意要約せよ。
    小学校学齢期の児童に向けての美術教育(造形的表現活動)である図画工作科教育の意義と目的については、「造形的な表現活動とはいかなるものか」、「指導可能なこととは何か」という2つの基本的命題を掲げることができる。前者はいかなることを取り扱っている教科なのかという性格や意義に対応し、後者はそうした性格的に把握された内容を小学校学齢期の児童に対し、成人の指導者がいかに意義や価値観を携えて関わるかという目的に対応している。
    造形的表現活動とは物的材料に人為的変更を加え、そこに幻影を見出し与えることである。形式的には絵画的制作、彫塑的制作、工作的制作、デザイン的制作に類別され、内容的には心象表現と適応表現に類別される。物的材料としての要素は物、色、材質と3つに分けることができる。また、造形的表現の意味とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。