458【児童心理学】4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数661
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    児童心理学4単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1.向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    2.自己概念の形成過程について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    458【児童心理学】4単位目 合格レポート
    講評: どちらも要点を押さえ、的確に良くまとめられています。これからも頑張ってください。
    1.向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    マッセンの定義によれば、向社会的行動とは「外的な報酬を期待することなく、他人や他の集団を助けようとしたり、それらの人々のためになることをしようとする行為」である。これは対人的なつながりを一層強めたり、積極的に求める行動であり、他愛的行動とも呼ばれる。具体例としては、道を教えるなどの親切行動、老人に席を譲るなどの援助行動、他者に労力や時間を提供するなどの奉仕活動などである。
    これらの向社会的行動の発現には、気づき、意思決定、実行の3つの段階があり、気づきと意思決定の間には①向社会的な判断、②共感、③役割取得という媒介要因がある。①向社会的な判断とは、自分に向社会的な行動が求められているかどうか、どのように行動したらよいかを決定することである。年齢の増加とともに快楽主義的・実際的な判断から、児童期には共感的判断へと発達し、さらに成年期以降は自己の信念や規範に従って判断するようにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。